【和歌山市でオススメの整体院】夏の冷えにご注意!!

お問い合わせはこちら

【和歌山市でオススメの整体院】夏の冷えにご注意!!

【和歌山市でオススメの整体院】夏の冷えにご注意!!

2021/07/20

夏冷えの症状ありませんか?

冷えは冬だけではありません!

本来、私たちの身体は汗をかくことで体温の調節をしたり、老廃物を排出したり、防衛したりします。

これらは自律神経の働きによるもの。

ところが冷房の効いた部屋にいると、汗をかく機会を失ってしまいこれらの機能がダウンします。

そして、血流が滞り、老廃物などがたまって、手足が冷たくなり、いわゆる「夏冷え」が起こってしまうのです(>_<)

また、戸外の猛暑と冷房の効いたオフィスや電車を出入りしたり、暑い夏の睡眠不足、ストレスなどにより、自律神経が乱れ、冷え症が進行してしまう場合があります。

さらに、梅雨の時期からの高温多湿の季節は消化機能も下がりやすくなってしまいます。

簡単な食事で済ませたり、冷たい食べ物に偏ることで鉄分やミネラルが不足し、軽い貧血症状を起こしてしまっている場合も珍しくありません。

「夏冷え」の症状は、手足の冷え・しびれ・むくみ、全身のだるさ、胃のもたれ、腹痛、生理痛、頸・肩・腰のコリや痛み、集中力の低下、頭痛、イライラ、肌荒れなど様々な症状があります。

放っておくと慢性化して、「一年中、体が冷える」「なんだかずっと調子が悪い」ということになりかねません。

冷房のあたり過ぎを避けるのはもちろん、日頃の生活を見直し、夏の冷え症を撃退しましょう。

 

〇自律神経が乱れるとどうなるの?

自律神経が乱れると体内の血液循環がうまくいかなくなり、血液が身体全体に行き届かなくなると、冷えやこり、消化不良によって

下痢や便秘、胃もたれなどが引き起こされてしまいます。

また、血液が全体に行き渡らなくなると耳や脳の血流も悪くなり、身体の平行感覚がうまくコントロールできなくなってしまいます。

それにより目まいやふらつきの症状が出てしまいます。

最近では月経の1週間ほど前にあたる「黄体期」になると、イライラや鬱々とした状態になってしまうといった症状にお悩みの患者様のお話も

よくお聞きします。

女性ホルモンに指令を送る脳下垂体は、自律神経をコントロールする視床下部のすぐ下にあるため、自律神経が女性ホルモンの変化によって

影響を受け、自律神経の不調をひきおこしやすくなってしまうと言われています。

 

上記のような自律神経の機能が働きにくくなる、これらの不調を解消するために方法の一つとして骨盤矯正が上げられます。

骨盤は自律神経が通る脊髄を支えているため、骨盤周辺の緊張した筋肉にアプローチし骨盤の位置を正しい位置に戻すことで、

自律神経も正常な状態に戻しやすくなります。

自宅でストレッチや身体の正しい使い方を意識するのも一つの方法ですが、ご自身で骨盤のズレや歪みの原因などを把握することは、

中々難しいことだと思います。

そこで専門の知識をもったプロのに身体の状態を見てもらい、お身体な合った施術や身体の使い方で

根本的な原因を取り除いていくことをおすすめします。

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。