【マタニティ整体】妊娠4か月目の患者様 和歌山 骨盤整体nico

お問い合わせはこちら

【マタニティ整体】妊娠4か月目の患者様 和歌山 骨盤整体nico

【マタニティ整体】妊娠4か月目の患者様 和歌山 骨盤整体nico

2021/06/15

30代 女性

妊娠4か月の患者様が来院されました

症状

・妊娠初期による腰痛

・肩こりが以前より酷い

・脚のむくみがある

・手足が冷える

・身体が固くなった

・便秘

 

整体

基本は筋肉のこわばりを取るための施術になります。ただし妊娠中の方はうつ伏せになる事が出来ないのとお腹に力を入れるような事は避けなければならないので妊娠中の方は妊娠中の方専用の施術方法をさせていただきます。

妊娠前期はまだお腹のこどもが不安定な状態なので、ホルモンバランスを整えるような施術を行い、妊娠中期は骨盤が広がりはじめる為少しずつ関節を動かしていく施術を行います、妊娠後期になればお腹の子供が急激に大きくなり始める為、腰や関節に負担がかかり始めるのでホルモンの乱れと関節のこわばりを取るための施術を行います。

院長の一言

 

妊娠中の方が整体を受ける事ができる時期、そもそも妊娠中も整体などの施術を受けることはできるのかと、よくお問い合わせを頂きます。整体を受ける時期は、妊娠16週目以降の安定期からお腹が大きくなってくる妊娠8ヶ月目より前の時期を目安に考えるといいです、妊娠中はホルモンの乱れが発生してくるため身体に不調を感じる事があります。

ですが、妊娠中のお身体は非常にデリケートな状態なのでしっかりと専門の知識がある所に受診される事をオススメします、お腹の状態によって出来る施術方法があります。当院ではお腹の大きさや患者様の状態に合わせて出来る施術をしています。

妊娠中のママさんへの注意点
マタニティ整体の施術は、整体院や施術者の方針で違いがあると思いますが、マタニティベッドを持っていない整体院では共通して言える注意点がうつ伏せでの施術はNGであるです。
妊娠初期の1ヵ月や2ヵ月頃でお腹もでていなくて、自宅でもうつ伏せできるけどとおっしゃる方もいるかもしれませんが
マタニティベッドがあれば腹部を圧迫しない様に穴が開いているので、うつ伏せでの施術もできるのですが通常のベッドでは横向きでの施術しか出来ません、お腹の中には大切な赤ちゃんがいます。まだ小さいけれど大切な命です。
イメージしてほしいのは、赤ちゃんを押し付けてしまうという事です。
うつ伏せで施術を受けたから流産したという事も起こりうるので、避けたい事ですし、施術者や整体院では責任が負えない部分になります。
しっかりママが正しい認識を持てば起こらないトラブルなので、赤ちゃんを守るために自宅でのうつ伏せも控えるようにするようにしてください。

今回の患者様は整体の施術をスタートさせて頂き現在は腰痛は軽減しているが足のむくみが出ている為週に1回の来院でさせて頂いてます。

 

当院は完全予約制のため
ほぼ貸し切り状態のプライベート空間で
周りを気にすること無くリラックスして施術を受けていただけます。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。